父シニスターミニスターときくと、やはりダート。そして短距離のイメージも少しあります。

とはいえこの馬は中距離もこなせる。

いや、中距離こそ庭。

 

2着に1秒7差というありえん大差をつけて勝利したのはメイクデビュー札幌をレイエンダに続いて連勝したルメール騎手騎乗のハヤブサマカオー。

道中物見をしていたそうで、まだまだ奥がありそうな馬。

覚えておいて損はないでしょう。

能力の違い、スピードの違いで逃げてしまいましたが、ぜひ控える競馬も見てみたい。

レースはこちらから。

www.youtube.com